参考書での勉強法

今年の春で子供が三歳になります。
主人は自営業をしていて、今のところ私は専業主婦をしています。
しかし、最近とにかく将来が不安で仕方がないのです。
自営業を営んでいると言っても、従業員は一人しかいませんし、仕事無くなる可能性もあります。
もちろん、今でも月の給料は浮き沈みがあります。

子どもはこれからどんどん成長していきお金がかかります。
私には何も資格がないので、どれだけ頑張って働いても稼ぐことのできるお金は決まってきます。
もしも、主人が働けない状態になったら、そう考えると何かを始めなくてはいけないと思ったのです。

考え抜いて出した答えは、看護師になるということでした。
正直なところ、この答えに至ったのは実にシンプルで生活の安定です。今までに一度も憧れを抱いたことのない職業です。
ですが、困っている人を助けたいとか、力になりたいとか、誰かを元気づけれる仕事、という意味ではやりがいも感じられるだろうし、自分に向いていない仕事だとは思っていません。

今年の終わりには看護学校を受験するつもりで、今から勉強を始めています。
いくつかの参考書は本屋で購入してきたのですが、医療関連の模擬テストや過去問題に関してはパソコンで申し込みができたり、閲覧することができました。
ITってすごい、と感じました。
ただ、現役の学生だった頃にはパソコンを使った学習をしたことがないので、何となくしっくりこないので、やはり本屋さんで参考書を購入していく方法で勉強していこうと思っています。


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *